ブルーのホタルガラスの意味と効果

ホタルガラスとは何?という方は、「ほたる玉って何?ガラス職人がすべて答えます。」を先にお読みください。

職人タカシが初めて出会ったホタル玉はこのミッドナイトブルー。昔はもっと銀の範囲が少ない、ポツポツ輝きがある感じのビーズでした。だからこそ、蛍玉と名付けられた由来があります。


ミッドナイトブルーは一番人気のあるホタルガラスです。「あれ?ミッドナイト?深夜の青なの?」と思った方は鋭いですね。はい、この色はミッドナイトブルーなのです。ホタルガラスは沖縄で流行っているので、海にちなんで深海の青(ディープシーブルー)と思われるかもしれません。ですが、蛍玉は暗闇に飛び交う蛍をイメージして作られたので、名前は深夜の青なのです。


ホタルガラス(ほたる玉)はガラス職人のハンドメイド工芸品。ですので、一般的にパワーストーンと言われる天然石とは異なり、複合的な意味や効果があると信じられています。


●ブルー色そのものの意味と効果

色彩に対する心理学の研究は昔から世界中でされてきました。深いブルー色が象徴するのは、落ち着き・強さ・自信などです。


●銀・シルバーの意味と効果

ホタルガラスには光を反射させるために銀が入っています。銀は古来より、魔除けや邪気を払うアイテムとして使われてきました。


●とんぼ玉としての意味と効果

ホタル玉はとんぼ玉の一種で、職人がガラスを炎で溶かして作っています。そのため、創造力・活力・可能性を与えると信じられてきました。加えて、ガラスそのものには邪気を払う効果があると古来より信じられ、お守りとして使われてきました。


このミッドナイトブルーは、女性だけでなく男性にも人気です。青い色を眺めると心が落ち着くというのは、昔からよく言われていることですよね。万人に好かれる色なので、プレゼントにしやすいのも人気の理由です。青や紺のネクタイなどと同じで、ブルーのホタル玉には誠実な印象があります。


沖縄などの南国リゾートを訪れたら、この色のアクセサリーが一番欲しくなる気持ち、わかります。旅先では欲しい物がなかなか見つけられなかったり、探す時間がなかったりします。旅行に行く前に、気に入ったものをネットで購入するか、帰ってきてからネットでゆっくり選ぶか、人それぞれ。


職人タカシの場合、観光地巡りとシュノーケリングなどに夢中になって、買い物の時間はほとんど無くなってしまうのが常です。今は、ネットでお土産が買えるので助かります。


ブルーホタルガラスの作品一覧はこちら>>>


他のホタル玉の意味と効果は、下の写真をクリックしてご覧ください。


ご購入は下のオンラインショップへのリンクからお願いいたします。

#ホタルガラスとは #ホタルガラス意味 #ホタルガラス効果 #ホタルガラス作り方

閲覧数:2,125回