みんさー工芸館 あざみ屋機織り体験レビュー

<<<石垣島ビーチのリストに戻る

<<<石垣島観光スポットのリストに戻る

 

所在地:〒907-0004 沖縄県石垣市字登野城909

ミンサー織り体験の写真集。みんさー工芸館あざみ屋にお邪魔しました。

みんさー工芸館

石垣港から徒歩でも行けますし、駐車場もありますので、行くのは簡単です。前日に体験を予約してから行きました。

ミンサー工芸館あざみ屋

入口に、染めた糸を乾かす場所があります。綺麗な糸が沢山乾かしてあって、気分がアガリます。後でこれを使って機織り体験できるのかぁ~。

ミンサー織りのドレス

奥に大きな建物があり、二階がミンサー工芸館です。体験の予約時間より早く来て見学することにしました。やっぱり、機織り体験をする間に、いろいろ学んでおきたいですよね。NHK紅白歌合戦で使われたドレスなど、凝った織物品が陳列されています。多くのミンサー織りには、四角形を5つと4つ並べるアクセントが入っています。「いつのよ(いつの世)までも、愛を。」という意味が込められているとか。

ミンサー文様の意味

想像していたよりも、かなり規模の大きい資料館です。模様の詳しい説明も勉強になります。

ミンサー染めの原料

染めの材料になる植物がいくつも紹介されています。凄いですね。

あざみ屋工房のデザイン

こちらのデザイン年代表は、1971年から始まる近代史のようです。これが残っているだけでも凄いですね。ミンサー織物は琉球王国時代からあったようです。

ミンサー織り体験工房

予約の時間になったので、別の建物の体験工房へ向かいます。

あざみや工房の機織り機

機織り機がズラッと並べられいます。様々な色の糸が張られてれていて、幅にもバラエティーがあります。幅の一番狭いものはコースターサイズ。私が選んだのは、結構大き目のランチョンマットサイズです。

ミンサー機織り機

縦方向の糸を張るのに、どれぐらいの時間がかかるのでしょうか?緻密で時間のかかる作業に間違いありません。この状態で既に、できあがりの状態が想像できます。体験参加者は、ひたすら左右に横糸を通していくだけで、粋なミンサー織物が出来上がっていきます。

石垣島のおすすめ体験

ガチャン、トントン、ガチャン、トントン、、、この繰り返しです。ガチャンは足のペダルを踏む音。ペダルを踏むと二層になっている縦糸の上下が入れ替わります。船型のツールに巻きつけた横糸を、縦糸の層の間をスルッと通過させます


トントンは木の棒を奥から手前に打ちつける音。トントンと打ちつければ隙間がなくなり、布の面積が1行増えます。こうやって横糸を左右交互に通していけば、みるみるうちに布が出来上がっていきます。

機織り体験中の外国人観光客

機織り機が初めての旅トモRも大満足の様子。

ミンサー工芸館1階で、職人さんが機織り機用の縦糸を並べている様子が見れました。うわぁーややこしそう。体験中の様子も動画に載せています。横糸が足りなくなったら、インストラクターのおばあちゃんが、新しい横糸の繋ぎ方を教えてくれます


工芸館では素敵な工芸品がいろいろ販売されていました。ミンサー織りの浴衣用帯など、粋なので衝動買いしたくなります。小さい商品を購入するよりも、体験で何かを作るほうが満足度が高いかな。次回行ったら、一番大きい壁掛けサイズの織物を体験で作ろうと思います。


<<<石垣島ビーチのリストに戻る

<<<石垣島観光スポットのリストに戻る

閲覧数:6回